メリットとデメリットから見た結婚指輪を選ぶコツ

結婚 指輪

結婚が決まって準備を進めていく中で、重要な項目のひとつなのが、結婚指輪です。なかなか失敗の許されない買い物ではありますが、どのような結婚指輪を選べばいいのでしょうか。例えば、形でいえば、シンプルなものと個性的なものが挙げられます。シンプルな形だと、長年着用しやすいですが、飽きてきてしまうかもしれません。一方で、華やかで個性的なデザインにすると、普段使いしにくくなってしまったり、流行に左右されやすかったりするので形を選ぶ時に注意が必要です。そんな中、指輪の裏側に刻印を入れたり、誕生石をいれたりしてアレンジを楽しむカップルが多いようです。どのような形の指輪を選ぶか迷った時には、これらのメリットやデメリットをふまえた上で、アレンジを加えることで納得のいくものを決めていくのもよいでしょう。

結婚指輪は、自分の指でよく確かめてみよう

結婚指輪の購入の際には、いくつかの店舗を巡って比較し、購入後のアフターサービスなどもふまえた店員さんとの相性もいいかどうかをチェックしましょう。長く愛用していくものなので、傷や汚れなどは避けられない問題になってきます。ブライダルジュエリーの専門店であれば、メンテナンスが充実しているので、安心して購入することができます。また、デザインばかりを考えるのではなく、指の太さや肌質に合わせて指輪を選ぶのもいいかもしれません。太い指には幅広のボリュームある指輪、細い指には細身のさりげない指輪を選ぶと、指とよく合います。色も、色白であればプラチナやホワイトゴールド、一方で小麦色であればイエローゴールドがお薦めですが、とにかくまずは、自分の指で試してみてイメージを確認しましょう。

結婚指輪で人気の形について紹介します

結婚指輪の形やデザインには、どのようなものがあるのでしょうか。ストレートタイプであると、幅の広さによって指を細く見せることや、メッセージなどを入れやすいといったものがあります。ストレート以外には、S字、V字、U字といった形があり、特にS字のウェーブタイプは滑らかで柔らかいイメージが女性に人気の形です。男性はストレートにして、女性はウェーブにした上で、裏側の刻印などを一緒にするといったカップルも多いようです。また、デザイン性の高いものや彫刻を施すなどしてオリジナリティ溢れる指輪にされる方もいます。ブライダルジュエリーのショップによって、様々なデザインがあるのでよく見比べてみましょう。いずれにしても、結婚準備が本格的になる前の2~3ヶ月前を基準に購入するのがいいでしょう。