予算内で結婚指輪を買うための条件とは

結婚 指輪

エンゲージリングとは違い、結婚指輪はカップルふたりの希望を満たすものに決めたいものですね。まずはふたりの意見をまとめてみましょう。エンゲージリングに予算をかけたい分、結婚指輪はシンプルすぎるぐらいでも満足できるものが購入できます。普段あまりアクセサリーを身に着けない方ならスタンダードなストレートデザイン。細めのタイプなら女性は華奢に、男性は個性的な印象にもなります。反対に太めにすると存在感がありクールな雰囲気、個性もアピールできます。デザインから選ぶのではなく、予算から選ぶという方法もあります。結婚指輪の相場は10から20万円あたりとなっており、はっきりした予算があれば、オーダーメイドなどで予算内に収める方法もよいです。デザインにこだわりすぎず、質を重視するのが望ましいです。

結婚指輪選びは、ライフスタイルに合わせて

結婚指輪にはプラチナ、ホワイト・イエローゴールドなど素材もさまざまあります。肌質によって似合う色合いがあり、二人の希望に合う素材を見つけましょう。プラチナは高価な分経年変化がおこりにくく、毎日つけるものとしておすすめです。ホワイトゴールドは華やかな色合いである一方、仕上げの状態によっては経年変化もあります。イエローゴールドではカジュアル感もあり手持ちのアクセサリーにも合わせやすく日常使いしやすいです。どのような身に着け方をするかによって選びたいデザインも変わってくるので、ライフスタイルに合ったものがふさわしいといえます。長く使いたい結婚指輪は、修理や磨きなどのアフターサービスも重要です。サイズ直しをすることもありますので、購入後のサービスが受けられるかどうかもチェックしておきましょう。

結婚指輪は男性主体で決めるのもありです

結婚指輪は、一生に一度の買い物とつい張り切ってたくさん見ていると、どんどん目移りしてしまうものです。予算が決まっていて、ある程度のデザインに絞れて来たら、エンゲージリングと同じブランドで購入してみてはいかがでしょうか。同じブランドであれば重ねづけしやすいデザインや雰囲気もぴったりと合い、長く愛用できます。また、デザインよりも傷のつきにくさや変形のしにくさを重視し、素材をメインに選ぶことをおすすめします。何よりも大切なのは二人が満足することです。特に男性は普段身に着けないアクセサリーを選ぶということもあり、似合うものがわからないという方も少なくありません。毎日つけても違和感なく、主張しすぎないものの中から、男性が気に入るものを優先に決めてみるのもよいです。予算もがちがちにせず、楽しんで結婚指輪選びができるといいですね。