記念に残る結婚指輪を選ぶためのステップ

結婚 指輪

結婚が決まったカップルは、新生活に向けて様々な準備やイベント等が待ち受けていますが、そのうちの楽しい結婚準備の一つに「結婚指輪選び」がありますね。結婚式を予定されているカップルにとっては、結婚式の中で指輪の交換という儀式が必ずありますし、結婚式を行わないカップルにとっても、結婚指輪を購入してお互いの左手薬指につけるだけで、夫婦になったことを実感できると思いますので、結婚指輪はとても重要なアイテムとなります。結婚指輪はハイブランドの高価なものからお手頃価格のものまで数多くありますので、まずは結婚指輪にかける予算を決めて、予算に見合うジュエリーショップをリストアップしてから購入の検討を始めましょう。結婚後に生涯つける大切な結婚指輪選びについてのポイントを解説します。

ジュエリーショップに行って実際に指輪をつけてみよう。

カタログ冊子やインターネットで指輪を探してこれにしようと決めていたとしても、実際に指輪をつけてみたらなんだかしっくりこないなんてことは多々ありますので、店舗でじっくり選んで購入するのがおすすめです。デザインは、男女で同じデザインのものや女性側の方にだけダイヤモンドなどの石が入っているデザインなど様々なデザインがあります。色も、プラチナ・ゴールド・ホワイトゴールドなどあります。女性は婚約指輪と結婚指輪の重ね付けができるシンプルなデザインを選んでもよいでしょう。その他、結婚指輪として売っているものではなくても、シンプルなデザインリングをお揃いで購入して結婚指輪にするカップルも多いですね。記念に指輪の内側に入籍日や結婚式の日などの日付とお互いの名前などを彫ってもらうとよいでしょう。

購入前に確認しておく大事なポイント

購入する前に、サイズのお直しはできるか等、アフターサービスや料金についてショップに確認しておきましょう。購入後数年が経過すると夫婦共に指のサイズが変わる可能性があります。体重の変化により、指が太くなったり細くなったりしてサイズが合わなくなると、結婚指輪自体をつけるのをやめてしまったりするケースも多いので、サイズのお直しができるタイプの指輪でしたらその点も安心ですね。また、宝石が指輪全体に埋め込んであるエタニティリングタイプはお直しができない可能性が高いので、もしそのような指輪を選ぶ場合には、少し大きめサイズを選ぶ等、店員さんと相談して決めましょう。夫婦が長い年数つける結婚指輪は、結婚生活のお守りでもあります。ぜひ2人の指に馴染む素敵な指輪を選んでみて下さいね。